読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイパーレッジャープロジェクトとは


スポンサードリンク

ハイパーレッジャープロジェクトとは

 

R3コンソーシアムと同じくブロックチェーン技術(分散型記帳技術)を推進する共同事業体。2016年2月からリナックスファウンデーションがこの事業体を率いるようになった。

 

金融機関もだが、IT企業などの一般企業が協力し合いブロックチェーン技術を活用して価値移転のスタンダードなプロトコルを構築することを目標としているようです。実はハイパーレッジャープロジェクトにはR3も参加しているので、送金システムというよりもブロックチェーン技術を使って企業間のデータ通信システムを構築する方に重点を置いている、別の視点からブロックチェーン技術の応用を試みているのではないかと私は見ています。

 

ハイパーレッジャープロジェクトにはこのR3の他、JPモルガン、富士通、日立、Intel、IBM、Cisco、SWIFT、 日立などが参加しています。

 

IBMから提供されているFabricというブロックチェーンをプラットフォームとしているが、2016年11月7日にJP Morganがハイパーレッジャーの傘下で試験運用されていた更にセキュリティー面を強化したグローバルシンクロニゼーションログ(Global Synchronization Log -GSL) という新しい分散型台帳技術を発表している。

 

ハイパーレッジャープロジェクトの動き

2015年6月 デジタル・アセット・ホールディングス(DAH)がハイパーレッジャーというスタートアップ会社を買収
2016年1月 JPモルガン・チェースとDAHが提携
2016年1月 ゴールドマンサックスはIBMと共にDAHに6000万ドル出資
2016年2月 DAHは開発中のハイパーレッジャーをLinux Foundationに提供
2016年6月 Mizuhoが「ハイパーレジャー」と「オープンブロックチェーン」を用いて、決済業務の領域において仮想通貨等の検証作業を開始
2016年11月7日 JP Morganがグローバルシンクロニゼーションログ(Global Synchronization Log -GSL) という新しい分散型台帳技術を発表

 

そして今日
2016年11月25日、R3がコーダを2016年11月30日にリリースにすると発表しました。各機関が各々のプラットフォームを開発する事を防ぐという理由があるようです。

https://www.r3cev.com/blog/2016/11/25/countdown-to-corda-open-source

 

参考資料:

www.mizuho-fg.co.jp

参考資料:

JP Morganがグローバルシンクロニゼーションログ発表

http://digitalasset.com/static/documents/The_Global_Synchronization_Log.pdf

参考資料:

DAHがLinux Foundationにハイパーレッジャープロジェクトを提供

http://bitcoinist.com/digital-asset-holdings-donates-hyperledger-name-linux-foundation/ https://digitalasset.com/press/open-sourcing-hyperledger-linux-foundation.html