読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リップルが550億XRPをエスクロー

リップル側がXRPの大量売りに出る、そしてその結果価格が暴落するのではという懸念を、550億XRPをエスクローする事によって回避しました。

 

現在、約617億XRPをリップル社が保有していますが、そのうちの550億XRPを2017年いっぱい、リップル・コンセンサス・レッジャー(Ripple Consensus Ledger/RCL)のエスクロー機能を利用しロック(保管)する事を発表しました。これによりマーケットに新しく入ってくるXRPの最高量が計算出来る事になるという事です。

 

2018年から、このロックアップされた550億XRPは1カ月10億XRPずつ55回に分けてロックが解除され、そのロック解除されたXRPをリップル社が使用出来るようになりますが、もしリップル社がロック解除された10億XRPを使い切らなかった場合、残りは再度ロックされ最後の月に回される仕組みになっているとの事です。

 

ちなみにここ18カ月ではリップル社からは、平均3億XRPが毎月市場に出て行ったそうです。

 

ここのところのリップルXRPの高騰で、XRPの時価総額は長い間ビットコインに続いて2位であったイーサリアムの時価総額を遥かに超え(約2倍)ております。

 

参考資料1:
https://cointelegraph.com/news/ripple-doubles-ethereum-market-cap-as-devs-calm-market
参考資料2:
https://ripple.com/insights/ripple-to-place-55-billion-xrp-in-escrow-to-ensure-certainty-into-total-xrp-supply/