読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンク・オブ・ニューヨーク・メロンがRippleを賞賛


スポンサードリンク

バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(The Bank of New York Mellon/BNY Mellon)が2016年9月に発表したレポートで、それぞれの機関が各々のブロックチェーンの開発には成功しているものの、R3ハイーパーレッジャー(Hyperledger)などのコンソーシアム(事業共同体)を通して、多くの金融機関や決済会社によるブロックチェーンのスタンダード化に関しては良い成果が出ていない事を指摘しながら、Ripple社の開発したインターレッジャーを賞賛している。


インターレッジャー(Interledger/ILP)とは?
個別に機能している決算ネットワークを繋げる事を目的として、Ripple社が2015年10月に発表した金融機関や決済会社の各々のブロックチェーン同士を繋ぐ為に開発したプロトコル。InterledgerはRipple社の開発した仮想通貨リップルXRPとはまた別もの(Interledgerにはネイティブ通貨はない)


参考資料:
BNY Mellon Report “Reinventing Payments In An Era of Modernization” Sep.2016
https://www.bnymellon.com/_global-assets/pdf/our-thinking/reinventing-payments-in-an-era-of-modernization.pdf


インターレッジャー:

interledger.org